好きな人と親しくなる話し方

好きな人と親しくなる話し方

好きな人親しくなる話し方にはコツがあります。

 

例えば、いつも好きな人と敬語で話していては、なかなか心の距離は縮まりません。

 

敬語がひとつの「壁」を作ってしまうからです。

 

お互いが他人として気を遣ってしまいます。

 

好きな人と親しくなる話し方の基本は、話し方を崩すことです。

 

あなたの好きな人の立場にもよりますが、できるだけ敬語は控え、ラフな、気さくな感じの話し方にしてみましょう。

 

常に敬語で話していると周りの男性は、あなたに「隙がない」と思います。

 

隙がなければ、何でも打ち解けられない、何でも話せない、と思われてしまいます。

 

時には敬語を控え、友達感覚で話してみると、好きな人と早めに親しくなれます。

 

 

また、お勧めなのは、名前に「くん付け、さん付け」で相手を呼ぶのではなく、あだ名をつけることです。「〜ちゃん」でもOK!

 

初対面の時にあだ名をつけられると後が楽ですが、難しいなら飲み会の席などで、勢いであだ名をつけてあげましょう。

 

すると、好きな人との距離もグッと近づきます。

 

あなたの好きな人が年下なら問題ないと思いますが、年上の男性だと少し抵抗があるかもしれません。

 

でも、男は女に甘いのです。

 

多少、ため口になったり、あだ名をつけられても怒らないものです。

 

いきなりすべての言葉遣いがため口はいけませんが、敬語7割、ため口3割などで様子を見ながら話し方を崩してみましょう。

 

 

他にも好きな人と親しくなる話し方としては、相手の男性の興味のあることに興味をもつことです。

 

男性が興味をもつことと言えば、スポーツ(野球、サッカーなど)、政治、経済、車、バイク、パソコンなどがあります。

 

好きな人が何に興味をもっているか?趣味などを普段の何気ない雑談の中でリサーチします。

 

そして、それについて詳しくならなくてもよいので、少しだけ予備知識をつけるのです。

 

すると、その話題になった時、またはあなたがあえてその話題を振った時に好きな人と会話が合い、盛り上がり、あなたの印象が好印象になるのです。

 

少し努力が必要ですが、相手に意識してもらうためにがんばりましょう。

 

恋愛対象として意識されないと恋ははじまりません。

 

今回ご紹介した話し方で、他の女性とは少し違う一面を見せてアピールしてみてくださいね☆

スポンサーリンク



好きな人と親しくなる話し方関連エントリー