怒る男の心理と原因

怒る男の心理と原因

男が怒る原因はいろいろあります。

 

なぜ男が怒るのかというと理由は男のプライドがあるからです。

 

 

 

男のプライドとは、”人にバカにされるのが嫌”、”人に見下されるのが嫌”、”強い自分でありたい”、”偉い自分でありたい”という心理です。

 

この心理が男心の奥底にあることを認識しておくことが大切です。

 

 

 

では、この男の心理をもとに男性がどんな時に怒るのかを具体例をあげてご紹介します。

わかっているミスを指摘されたとき

 

男性は自分で間違いに気がついているミスを指摘されると怒る心理があります。

 

 

 

例えば、ドライブデート中に道に迷った時。

 

彼氏が道に迷ったことに気がついて、スマホやナビを使って調べたりしているところに彼女が、

 

 

「ねぇ、道、間違えてるんじゃない?」

 

 

とか言うと、彼氏は、

 

 

「わかってるよ!だから今、一生懸命調べてるだろっ!」

 

 

とかって逆ギレされることがあります。^^;

 

 

 

女性としては彼氏のことを思って間違いを教えてあげたつもりが、「余計なお世話だ!」と言わんばかりに怒る・・・。

 

彼女にミスを指摘されたことに腹が立ったのですね。

 

 

 

というのも、男性心理ではミスを指摘されるというのは、”バカにされた”、”見下された”のと同じ感情をもつのです。

 

だから「この俺をバカにしやがって!」「見下しやがって!」という気持ちになって怒るのです。

 

 

 

こういうときは黙って放置しておくに限ります。^^;

 

遠くで見守るイメージです。

 

ヘタに口を出すと火に油をそそぐような感じになって、とばっちりをうけます。

 

 

 

男性にミスを指摘するときは、「どうしてもこれだけは言わないといけない!」ということだけにしておきましょう!

 

たいしたミスじゃないときは、見て見ぬふりが一番です。

 

その方が喧嘩も起こらずに平和に過ごせます♪

 

 

 

ちなみに、男性は自分で気がついていないミスを指摘されたときも若干怒る傾向があります。^^;

 

言葉にはしないまでも内心、「あいつ、俺のミスを指摘しやがって!!!」とイライラするようです。

 

 

 

やっぱりミスを指摘されると「バカにされた」「恥をかかされた」と思うのですね。

 

自分が悪いとわかっていても。

 

男心ってそういうものと割り切りましょう♪

 

 

確認を求められたとき

 

男性は、確認を求められたときに怒る心理があります。

 

例えば、彼氏と一緒に「料理を作ろう♪」となって作っているときに、女性が、

 

 

「お塩入れた?」

 

「お砂糖入れた?」

 

 

とかって確認の意味で聞くと、

 

 

「入れたよ。」

 

 

って返事するけど、本音は「俺が砂糖を入れ忘れたとでも思ったのかよ!!!」と怒ることがあります・・・。なぜ?

 

 

 

これは男性にもよるけど、男の心理としては、”確認される=信用されていない、疑われている”と思うのですね。

 

女性としては「ただ確認しただけなのに・・・」って感じだけど、女性とは言葉の重み(意味合い)が違うのです。

 

 

 

女性は言葉でコミュニケーションをとることが普通だけど、男性は態度や行動で気持ちを伝えようとする傾向が強いです。

 

なので、言葉で「お砂糖入れた?」とかって聞かれると、極端に言うと男性は「入れたよ!見てればわかるだろっ!」って気持ちになるのです。(←これが「態度でわかるでしょ!」っている男の言い分)

 

「いや、あなたがお砂糖入れるところ、見てなかったから・・・」って言いたいけど、男性からすると「そんなこと、いちいち聞くなよ!」っていう愚問だったりするのです。

 

 

 

女性からすると理不尽な話だけど、男性に確認を求めるときは慎重に?しましょう。^^;(めんどくさい!)

 

 

 

ちなみにひどい男になると女性が確認を求めたときにウソをつく男性がいます。^^;

 

お砂糖を入れ忘れたのに「入れた」っていう小さなウソを・・・。

 

その男の心理は、やっぱり自分のミスを指摘されたくないからです。

 

 

 

ウソをつかれるのは困るけど、そのくらい男性は自分のミスを指摘されることを嫌がる心理があるというのを覚えておきましょう!

 

 

できる、できないの話になったとき

 

 

男性は基本的に「できない」より「できる!」と言いたがります。

 

「できない」と否定的なことを言うのは、男として恥、恥ずかしいという心理があるからです。

 

男のプライドが許さないわけです。

 

なので、基本的には「できる!」と言いたがります。

 

 

 

なのにですよ?

 

その心理がある男性に向かって「あなたはそれできないでしょ?(笑)」と冗談のつもりでも言うと男性は、

 

 

できるよ!

 

 

と見栄を張って言います。

 

できないことでも「できるよ!」と言ってしまいます。

 

 

 

これは男の意地でもあり、プライドを守るためです。

 

女性に見下されたり、なめられたりするのが嫌だからです。

 

なので、怒って「できるよ!バカにするな!」と言い出します。

 

 

 

で、最悪なのが男性ができないとわかっているのに、

 

 

できるならやってみなさいよっ!

 

 

とけしかけることです。

 

 

こうなると男性も後に引けなくなり、できないことでも無理やりやろうとします・・・。

 

引っ込みがつかなくなるのです。

 

 

 

これがバンジージャンプができるか?できないか?の話のレベルならよいのだけど、包丁や火が出てくるようなことができるか?できないか?の話になると事件沙汰になってしまいます・・・。

 

 

 

男性心理では、「できない」と自分を認めることは恥と思っているので、男性がめげるようなことをちゃかして言うのは控えましょう。^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

このように怒る男の心理と原因は、いろいろなパターンがあります。

 

男性心理の基本は、見下されたくない、馬鹿にされたくない、です。

 

女性からするとちょっとめんどくさいところもあるけど、この男心をわかってあげてくださいね♪

 

 

 

つまらないことで喧嘩にならないように怒る男の心理をよく理解しておきましょう〜☆

スポンサーリンク



怒る男の心理と原因関連エントリー