デートを嫌われないで断る方法

デートを嫌われないで断る方法

好きな男性デートに誘われる、または彼氏にデートに誘われることがあると思います。

 

でも、その日は仕事や他の用事があってどうしても行けない・・・。

 

そんなとき、あなたはどう言ってデートの誘いを断っていますか?

 

「その日は用事があるから行けない。」という言い方をしていませんか?

 

それでは男心は傷ついてしまい、嫌われてしまうかもしれません。

 

今回は、デートを嫌われないで断る方法をご紹介します。

 

 

 

折角デートに誘ってくれたのですから、感謝の気持ちをあらわすことが大切です。

 

「誘ってくれて、ありがとう。嬉しい!」など、デートに誘ってくれたことを喜ぶ感情を伝えましょう。

 

その後に行けない理由を言って断ります。

 

でも、ちゃんとその後にフォローをすることが大切です。

 

そのフォローする方法とは、「また今度誘ってください。次は必ず行きます。いつがいいですか?私はこの日があいています。」など、あなたとデートに行きたいですよ、という意思を伝えるのです。

 

これを言うことで、男性も「俺が嫌われているわけじゃないんだな・・・。」と思ってくれます。

 

無愛想な断り文句を言うと、嫌われていると思ってしまい、中にはいじけて2度と誘ってこない男性もいます。

 

もし、次に誘われたい場合は、断る方法にも気を使いましょう。

 

 

 

またもし相手の男性を傷つける断り方をした場合は、あなたからデートに誘うことが大切です。

 

デートプランを立てて、そのデートに誘うのです。

 

でも相手はいじけている、すねているので、強くデートに誘うことが大切です。

 

あなたが嫌いじゃないという態度を見せることで、男性もまた心を開いてくれます。

 

 

 

デートを嫌われないで断る方法は、ちょっと意識していないとなかなかできません。

 

人に対して常に感謝の気持ちをもつように心がけてください。

 

感謝の気持ちがあれば、デートに誘われたときに断るときでも、誘ってくれたことに対する感謝の気持ちが相手の伝わり、相手も納得しやすくなります。

 

できるだけ、喧嘩のないカップルになりたいものですね。^^

 

ただ本当はそのくらいでいじけないでほしいけど。^^;

 

そのくらいの余裕を男の人にはもってほしいですね。

スポンサーリンク



デートを嫌われないで断る方法関連エントリー