男性のメールを送る心理

男性のメールを送る心理

メールをよくくれる男性がいます。

 

普通の男性、他の男性よりメールをくれる頻度が多いと女性心理としては、その男性のことが気になりますよね?

 

「この人、どういうつもりなんだろう・・・。」

 

メールをくれる男性は好意の気持ちがあるのでしょうか?

 

今回は、男性のメールを送る心理についてご紹介します。

 

 

 

結論から言うと、男性は好きな女性ができると、連絡先(携帯番号やメールアドレス)を聞き出し、毎日でもメールしたいと思う心理があります。

 

この心理の中には、常に彼女とつながっていたい、話していたい、または自己アピールをしたい、自分(男性)を知ってもらいたい、という気持ちがあります。

 

そこで好きな女性に自分の存在を意識してもらうために毎日メールを送るのですね。

 

 

でも、男性は女性よりメールに対してマメではありません。

 

どちらかというとメールは面倒くさいというのが本音です。

 

でも、好きな女性に送るメールは別。

 

好きな女性ができるとメールの文字をうつこと、メールを送信することは面倒くさくないのです。

 

恋は盲目というけど、恋愛のはじめの方は男は優しいと言います。

 

嬉しくてメールが苦にならないのです。

 

となるとメールの頻度が多い=好意の気持ちが強い(愛情がある)と考えるのが普通です。

 

 

ただ、マメにメールをくれるのは、恋愛の最初だけということが多いです。

 

男性はお付き合いをはじめるまで、告白が成功するまではマメにメールを送るのですが、お付き合いがはじまると女性が自分(男性)のことを好きとわかっているので、メールの頻度がグッと減ります。

 

でも、男性自信は愛情はあるつもり、ただメールを送る必要がなくなった、と思うのです。

 

この態度をとると女性の中には、男性の愛情が冷めたと勘違いする人も多いようです。

 

 

気と付けてほしいのは、遊びの男も体目的でメールは頻繁にする、ということです。

 

本気の男性と遊びの男性がいます。

 

どちらも同じようにメールを頻繁にします。

 

メールの回数が多い=愛情が深い、ではありません。愛情が深いかどうかは別問題です。

 

メールの回数は、あなたに好意の気持ちがあるだけで、真剣なお付き合いをしたいかどうかは、メールの内容や本人の真剣度によって違ってきます。

 

男性にもいろいろな種類がいるから、遊びの体目当ての男性にひっかからないよう、男性心理をよく勉強してくださいね。^^

スポンサーリンク



男性のメールを送る心理関連エントリー